富山県 北米の移民地文芸 コスモポリタン 郷土研究誌「高志人」

翁久允財団の活動

  • HOME »
  • 翁久允財団の活動

翁久允賞について(研究者・芸術家の援助その他)

◆ 特定の研究者・芸術家に対し研究費その他を支給する。

◆ 郷土富山県に関係する人材の奨学を目的とし、下記の研究あるいは研究者・芸術家に対し、研究費その他を支給する。

(1) 郷土富山県在住あるいは出身の、研究者・芸術家
(2) 郷土富山県に関係する研究・芸術、あるいは研究者・芸術家
なお、研究あるいは研究者の範囲は、人文科学、自然科学を問わない。

◆ 選定委員会を設置して、各年度1名に給付する。

◆ 給付金額:金30万円

◆ 選考委員会メンバー:久泉迪雄、八木光昭、木下 晶、須田満

選考結果

■ 平成27年度

平成28年3月19日開催の翁久允賞選定委員会の結果、平成27年度の該当者はなしと決定した。

■ 平成28年度

平成28年5月28日で開催の翁久允賞選定委員会で以下の審査項目が、決定した。

(1) 富山から日本・世界への情報発信
富山に住居や活動の拠点があり、出版、広報、展示などを通じて、他地域への影響力がある。
(2) 日本・世界での価値
業績が、日本や世界から見て、他に類がない独自のものであり、かつ普遍的価値をもっている。
(3) 富山の文化などへの社会貢献
業績が、富山の文化などの価値を高める社会貢献となっている。
(4) 業績に光をあて、今後に期待
これまで業績が社会的に知られておらず、授賞により、受賞者の名誉や資金となり、今後の活動が期待される。
(5) 翁久允賞の価値の向上と、後進への励み
授賞により、翁久允賞の社会的意義や価値がいっそう高め、後進の方々の励みになる。

平成28年11月12日に開催された翁久允賞選定委員会で、平成28年度の翁久允賞は勝山敏一氏に決定した。

■ 平成29年度

平成29年10月21日開催の翁久允賞選定委員会の選考結果により、書誌作成者・郷土史研究家 太田久夫氏(おおた・ひさお)を受賞者とし、贈賞式および記念講演を富山市立図書館と共同で開催する。

 

受賞理由

太田久夫氏は、富山県における書誌づくりの第一人者。図書館業務のかたわら自らの発意、もしくは他から乞われて[別表]に掲げたような数多くの書誌を作成、研究者のみならず広くレファレンス等に活用されている。また富山県郷土史会、越中史壇会、富山近代史研究会、二上山総合調査研究会、千保川を語る会などで、氏の博識と旺盛な奉仕の精神により郷土研究の普及や市民有志の研究意欲を高め、数多くの冊子をまとめた功績は大きい。

翁久允賞選考委員:  久泉 迪雄、八木 光昭、木下 晶、須田 満

 

<翁久允賞贈賞式および記念講演>

日時: 2018年2月3日(土曜日) 午後2時より

場所: 富山市立図書館本館3階 セミナールーム
    富山市西町5−1 TOYAMAキラリ内

 

過去の翁久允賞受賞者一覧

翁賞について

富山県の文化に貢献した翁久允の意志を引継ぎ、学術、技術、思想等に貢献し得る郷土に関係した人材の奨学に資する」事業の一つとして、富山県内高等学校14校の第3学年生より将来性のある生徒を15名選び、卒業時に翁賞を授与し、生涯の奨学に資する事業。

本事業は、富山県立高等学校長協会の推薦により選考される。

平成27年度選考対象者を推薦した学校

富山県立泊高等学校 富山県立滑川高等学校
富山県立中央農業高等学校 富山県立富山工業高等学校
富山県立富山商業高等学校 富山県立富山高等学校(2名)
龍谷富山高等学校 富山第一高等学校
富山県立高岡工芸高等学校 富山県立高岡商業高等学校
富山県立氷見高等学校 富山県立小矢部園芸高等学校
富山県立となみ野高等学校 富山県立砺波高等学校

平成28年度選考対象者を推薦した学校

平成28年翁賞選考要領

富山県立泊高等学校 富山県立滑川高等学校
富山県立中央農業高等学校 富山県立富山高等学校(2名)
富山県富山工業高等学校 富山県立富山商業高等学校
富山国際大学付属高校 高朋高等学校
富山県立高岡工芸高等学校 富山県立高岡商業高等学校
富山県立氷見高等学校 富山県立砺波工業高等学校
富山県立南砺福野高等学校 富山県立南砺平高等学校

平成29年度選考対象者を推薦した学校

平成29年翁賞選考要領

富山県立泊高等学校 富山県立滑川高等学校
富山県立中央農業高等学校 富山県立富山高等学校(2名)
富山県富山工業高等学校 富山県立富山商業高等学校
富山県立高岡工芸高等学校 富山県立高岡商業高等学校
富山第一高等学校 高岡龍谷高等学校
富山県立氷見高等学校 富山県立南砺福野高等学校
富山県立石動高等学校 富山県立小矢部園芸高等学校
PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 翁久允財団 All Rights Reserved.