富山県 北米の移民地文芸 コスモポリタン 郷土研究誌「高志人」
  • 翁久允HPヘッダー画像1枚目

富山から世界へ!
翁久允の意志を引継ぎ、文化・芸術・思想などに貢献する人材を育成し、
世界に向けた独創的な情報の発信、翁久允の業績を後世に伝える活動を展開します。

新着情報

第34回翁久允賞 大村歌子氏(郷土史家、富山市在住)へ

第34回翁久允賞贈賞式・記念講演会のお知らせ 公益財団法人翁久允財団は、富山県の文化に貢献した翁久允(1888年〜1973年)の遺志を引継ぎ、富山県の学術、技術、芸術、思想等に貢献し得る郷土に関係した人材に翁久允賞を贈っ …

高島高シンポジウム 2021/12/5

〈高島高シンポジウム〉2021年12月5日 14:00〜16:30 @TOYAMAキラリ2階ロビー  須田満「高島高と翁久允」 池田瑛子「詩の光を呼ぶ」 細川喜久惠「青春の記憶」 金山克哉「久遠の自像」/「人生記銘」

〈翁久允と高島高〉展 富山市立図書館5F

富山市立図書館5Fの特別コレクション室前で〈翁久允と高島高〉展が、7月8日から10月5日まで開催されています。 第33回翁久允賞を受賞した伊勢功治氏の著書『北方の詩人 高島高』などに詳しく描かれた翁久允と高島高の交流を翁 …

ブログ

『小谷契月作品集』出版記念講演会

11月6日土曜日午後2時から、富山市八尾コミュニティーセンターで、静岡県立大学教授・細川光洋氏の講演会〈小谷契月・川崎順二を語る〉が開催されます。 前半は、細川氏の基調講演で、後半は小谷契月の息子・小谷剣司氏、孫・小谷三 …

『北日本新聞』(2021/09/20)に「翁久允と没後50年 川崎順二・小谷契月」展が紹介されました。

おわら復興の功績紹介 富山で川崎順二と小谷契月没後50年展 2021.09.20 00:09  高志の国文学館(富山市舟橋南町)の特別コレクション室で「翁久允と没後50年 川崎順二・小谷契月」展が開かれている。八尾町に伝 …

2021/07/24  北日本新聞文化面に久泉迪雄〈「小谷契月作品集」刊行に寄せて〉が掲載されました。

今朝の『北日本新聞』文化面に久泉迪雄先生の〈「小谷契月作品集」刊行に寄せて〉が掲載されています。  踊りつかれて編笠敷いて草を枕のオワラ盆の月 このおわら歌詞以外は、契月の歌ではないような気がしますが。 20210724 …

細川喜久惠さんの「青春の記憶」が「北日本新聞」に掲載されました

90歳を超えても元気に詩作を続けていらっしゃる細川喜久惠さんに初めてお会いしたのは、2019年3月の「とやま文学」合評会でした。 会合の後、〈私は翁久允ご夫妻や高島高とお会いしたことがある。富山へ引っ越しされた時もお手伝 …

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 翁久允財団 All Rights Reserved.