公益財団法人翁久允財団は、富山市立図書館交流行事運営委員会と共催で〈高島高シンポジウム〉を開催いたします。

第33回翁久允賞を受賞した『北方の詩人 高島高』(思潮社)の著作・伊勢功治をお招きして、高島高の詩を愛するメンバーが、富山の風土を描いた詩人について語ります。

参加の申込みは、富山市立図書館へ電話、FAX、WEBでお願いします。

【本館】12/5開催「高島高シンポジウム」お申込みはこちら

日時:2021年12月5日(日) 14:00〜16:30

場所:TOYAMAキラリ2階ロビー

定員:50名

須田満(翁久允財団):「高島高と翁久允」

池田瑛子(富山県詩人協会顧問):「詩の光を呼ぶ」

細川喜久惠(歌人):「文学の原点」(演題変更)

金山克哉(富山文学の会):「久遠の自像」/「人生記銘」

伊勢功治(詩人・グラフィックデザイナー):東京時代の高島高

シンポジウム: 司会 金山克哉